ありがとう ハル

昨春、天寿を全うした可愛いハルにまつわる話と、日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3月1日、2日 (2015年)

1日(日曜日)
お昼 病院へ様子見
    俯いてしょんぼりしてた

夕方 再び様子見
    寝てた。少し震えてるので心配。
    先生に訊くと、入院した時はいつもそうだって。
    私は初めて見た。

夜  病院へ電話。寝てるそうだ。寝れてよかった。


2日(月曜日)
お昼 病院、抱っこする

夕方 病院、 抱っこするんだけど、大人しすぎる。
    今日は、お部屋を歩かせて貰ったり、お外でおしっこもさせてくれたそう。
    手厚く看てもらって感謝。

    今日から徐々に薬を変えていきますとのこと。
    ・種類が変わるのは利尿剤
    ・気管のためにステロイドを追加
    ・肺高血圧症の薬(バイアグラが入るまでの代用薬)も追加



何度も肺水腫になって、処置を受けさせて、相当苦しかった上にまた
薬、薬、薬になるのは、ハルにとっていいことだと思えなくなってきていた。
苦しい時間を延ばしてるだけだから。

  (今は、ハルも私たちと一緒にいたかったから、何度も何度も
  頑張ってくれたんじゃないかな、と思っています。ありがとう、ハルちゃん)


だから、「最後の切り札」と言われた薬は、本当に最後にする、と覚悟を決めた。
もし、効かなくてまた肺水腫になっても、もう、処置はしてもらわない。



薬が認可され、(このタイミングで!)ハルに届くのは木曜日。
高価な薬と聞いていたけど、先生は親身になって一日分いくら、と計算までしてくれた。
ちっとも高いとは思わなかった。

夜も、休日も返上して、ずっと私たちと一緒にハルを見てくれる先生、看護師さん。
ハルはみんなに守られてるなあ、みんなでハルを守っているんだなあ、と思った。
有り難く、心強かった。


酸素ハウスのレンタルを手配した。
ハウスが来たらハルは家に帰ってお薬が病院に届くのを待つのだ。


スポンサーサイト
  1. 2016/03/22(火) 20:06:18|
  2. 2015年 ハルがいた日々 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月3日 (2015年)  退院 | ホーム | 消えた二代目ワンコ カシューナッツちゃん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harurin55.blog.fc2.com/tb.php/320-91f31799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハルはこんな子

2001年6月17日 福岡生まれ。 オス。3.5㎏。愛嬌者。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ

家族に沢山の幸せと癒しを与え、2015年3月10日、安らかに生涯を閉じました。 14歳になる100日前でした。

月別アーカイブ

カテゴリ

てんこの思い (203)
ハルのお話 (57)
ノート (41)
心臓病 (6)
2015年 ハルがいた日々  (20)
その他 (27)

ブログ村に参加しています

クリック有難うございます

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ

    

アルバム

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。