ありがとう ハル

昨春、天寿を全うした可愛いハルにまつわる話と、日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安楽死について

Hさんがハルの退院の後大分から帰ってきた時、
大分の新聞の切り抜きを見せてくれた。

それは、コラムで「安楽死」について

  体の痛みを薬で和らげる緩和医療は進歩してきたが、
  呼吸困難の苦痛除去はなかなか難しいらしい。
  その耐えがたい苦しみの中で、医師に死なせて、と頼む患者もいる。

というようなことが書いてあった。



ハルがまた肺水腫になった時、治療をしなければやがて
苦しん苦しんでそして逝ってしまうだろう。
苦しみの先に死があることを知らないから、怖れはないだろう。
ただ「耐えがたい苦しみ」があるだけ。



また、コラム子は、「命の問題に自分の選択肢があるべき、
と考えるのは、人間の傲慢さがあるのではないか」と書いていた。



そうだった。命の選択肢どころか初めから傲慢だった。
お金でハルを買って、ヒトに都合良く暮らした。
薬を飲ませて長生きさせ、今はハルの体に無理をさせている。




ハルが亡くなったあと知ったんだけど、友達のワンちゃんが掛っていた
病院は、ガン以外の病気の子には安楽死させないそうだ。

ハルは、場合によっては家に先生に来てもらって
その時を迎えることも出来ることになっていた。

ハルが出来るだけ苦しまないように、と考えてのことだけど、
今にして思えば傲慢に輪をかけたひどい傲慢な願いだったな。



結局、私たちはハルを苦しみから救う安楽死を選択した。
それは先生に言ってもらった通りハルにとっていい選択だったと
信じている。
授かった尊い命に対して傲慢だと分かっていて、
入ってはいけない領域に行ってしまったような気持ちは
消えないと思うけど。


処理済~さくらんぼと誕生日 022
(Y20歳の誕生日  わざとケーキから目を逸らすハル)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
スポンサーサイト
  1. 2016/01/12(火) 21:43:42|
  2. てんこの思い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<こんちゃん、というワンちゃんみたいに | ホーム | Y は・た・ち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harurin55.blog.fc2.com/tb.php/268-2c94e070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハルはこんな子

2001年6月17日 福岡生まれ。 オス。3.5㎏。愛嬌者。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ

家族に沢山の幸せと癒しを与え、2015年3月10日、安らかに生涯を閉じました。 14歳になる100日前でした。

月別アーカイブ

カテゴリ

てんこの思い (203)
ハルのお話 (57)
ノート (41)
心臓病 (6)
2015年 ハルがいた日々  (20)
その他 (27)

ブログ村に参加しています

クリック有難うございます

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ

    

アルバム

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。